スポーツプロモーションコース

コース紹介

 豊かな地域社会の創造に資する新たなスポーツ文化の担い手として、スポーツ産業の進展・健康スポーツの実践・スポーツの競技力向上など、スポーツ・健康分野から地域社会の環境及び人材教育をトータルコーディネートできるリーダーを育成する。

教員からのメッセージ

トータルな視点でスポーツを考える

村田真一 講師

 地域とは、多様性に満ち溢れた生活社会のことです。ですから、地域社会には様々な”部分”が存在します。このように考えると、地域で展開されるスポーツも様々であり、「子どもスポーツ」「健康スポーツ」「スポーツビジネス」など、その捉え方や分類の仕方も様々でしょう。ただし、部分とは”全体”があってこその部分です。ここで大切になるのが、トータルな視点で物事を考えることです。
 地域(=私たちの生活)を豊かに創るという総合的な視野の中で、スポーツが果たせる魅力を、今こそ真剣に考えていきたいと思います。

学生からのメッセージ

 地域創造学環では、地域が抱える様々な問題をいくつかの視点からアプローチし解決するということを学ぶことができます。これは他学部と違い、学内では自分の将来にとって必要な授業を受講し、学外ではフィールドワークを通して実践力も養うことも出来るという特徴があります。このような社会に出たとき即戦力となり得る学習プログラムがあることが、私が入学を決意した理由とも言えます。今後はスポーツと地域の関係について学び、将来は高齢者の健康増進や子供の体力向上等の諸問題を、スポーツという観点からアプローチし、解決策を提案出来る人材になりたいと思っています。
 「皆さんも無限の可能性を秘めるこの地域創造学環で社会の即戦力となり、未来を切り開いていきましょう!」

期待される進路

 スポーツ公務職員、スポーツ興行団職員、地域スポーツNPO、スポーツメーカー(製造)業、ジュニアスポーツ指導員、健康・介護系専門スポーツ指導者、中・高等学校保健体育教師、社会教育主事、スポーツ科学研究者(大学院進学)など