学環長挨拶

静岡大学 地域創造学環長
平 岡 義 和

 いよいよ新しい全学教育プログラム「地域創造学環」がスタートしました。私たち教員も、決意を新たにし、わくわくした思いを胸に、学生たちとの学びに取り組みはじめています。
 さて、このプログラムは、新たな地域社会の創造に貢献できる人材の育成を目的としています。カリキュラムの柱は、県内各地における「フィールドワーク」です。学生は、1年生後期から4年生までの間、学内での探求の場である「地域創造演習(ゼミ)」で思索を深めつつ、自分で選んだ1つのフィールドに継続的に関わり、そのフィールドにおける課題を探し、地域の方々とともに考え、その解決策を模索していきます。同時に、静岡大学全体で開講されている授業科目の中から、自ら見出した課題の探求と解決に必要な科目を選び、履修していきます。つまり、フィールドと向き合う中で、自分のテーマとする地域課題を見出し、その探求に必要な科目を全学の中から選んで学んでいく、課題先行型のカリキュラムが「地域創造学環」の特色であり、これまでの学部教育とは大きく異なる点なのです。
 もちろん、こうした学修は学生が単独で行えるものではありません。そこで、地域創造学環では、地域課題の発見、探索、そのために履修すべき授業科目の選択など、学修計画についてアドバイスを行い、その学修をサポートしていく「学びのアドバイザー」がすべての学生につきます。
 また、こうしたフィールドワーク中心の教育は、大学、また教員だけで行うことはできません。静岡県、フィールドとなる県内の市町、地元の企業やNPOなどとの密接な連携のもと、展開していきます。つまり、学生たちは、地域の方々との交流の中で、学びを深め、育てられていくのです。
 こうした教育プログラムにおいて、私が密かに願っていることがあります。それは、地域と学生たちの間に、「うちの地域にはこんな魅力があるから、ぜひここに来てほしい」という地域の思いに対して、学生たちが「ぜひとも行きたい」と思うような、相思相愛の関係が築ければということです。
 このように、地域創造学環は、大学内で閉じられたものではなく、地域の方々とともに作り上げていくものです。皆様のご協力を心よりお願いしたいと思います。